ひーとの日記
ウォーを楽しめ!!

マクロス

OGもあるからパパッとマクロス終わらせますか。


・クァドラン・レア(クラン機)
ユニットのクランから出てくるサイズがでかくなっていくユニット。
正直空中騎士団がカードとして脆すぎるので
緑のマクロスを使うならクランをメインにしていくしかないと思われる。


・RVF-25メサイア(ルカ機)
とにかく横並び性能がすごい。歌コインデッキでは必須のカードだろう。
メサイアなので武装変更元としても優秀。


・SV-262HSドラケンⅢ
最近少なかった国力に比べて単純に強いユニット。
驚異のエース3である。相手への制約がとんでもないのでカードとしてわりと強い。
フラグコインも最近のクルセイドはゲームスピードが早いのでそんなに気にならないだろう。
問題はテキストが相手プレイヤー対象なのでバサラで無効化されることと
コイツでエースを圧迫するので必然的に打点に特化した細いプランのデッキでしか
まともな運用ができないことだろう。面白いカードではある。


・シェリル・ノーム、ランカ・リー
「俺の体を皆に貸すぞ!!」
というわけで今までのシェリランが大集合。
ほとんど歌コインシェリルをくっつける目的で使われる。
ランカの方はイマイチよくわからんけど多分ミレーヌランカとかで歌コインのサポートする感じか?
テキスト自体やばいがぶっ壊された時のショックも倍々なのでカバーするカードを入れておきたい。


・ハインツ・ネーリッヒ・ウィンダミア
空中騎士団のボス。フラグコインをばらまく。
空中騎士団は線が細いので長持ちさせる必要があるかは疑問だが
コマンドの空中騎士団で出てきた場合はその限りではないのでデッキに必須だろう。


・キース・エアロ・ウィンダミア
個人的に空中騎士団は歌コインシェリルがないとなんもできないのであんまり好きではないが
コイツのテキストはかなりすごいことになっている。
2国で2・0・3という修正もなかなかすごい。空中騎士団はキャラクターの採用枚数が難しいが
コイツはできるだけ入れておきたい。


・ロイド・ブレーム
空中騎士団ドロー担当。
戦闘エリアの数分引くので基本は2ドロー。キースがいるとすごいことになる。
実際カードをたくさん引いたところでって話ではあるんだがな。
投げつけをサイズ以外で克服しなければならないので必然的にメタカードを
ピン積みしないといけなくなる。コイツのドローだけでは頼りないのをどうカバーするかが
空中騎士団の悩みどころだろう。


・夢への一歩
いろんな使い方ができる。サンダーボルトやクランを探すのがメインになるだろうが
それ以外でもいろいろ悪いことができるのでぜひデッキに入れたいところ。

マクロスレビュー

久しぶりの更新。月に2,3回の更新になりつつある。
あたいブログってオワコンだと思う。
オワコンって言葉がすでにってのはナイショな。


秋刀魚が美味い季節がやってきましたね。夏コミ→秋刀魚と梨→冬コミくらいの感覚。
つーわけでマクロスレビューやっていきまっしょい。青から。


・フレイア
セットカードにパンプテキスト+自身をちぎって破壊無効テキストを付与。
高機動+激励でプレイしたターンにアタックにいけるのはいい。
まぁエース1あるわりには地味だけどネ。


・美雲
実質4国7・0・7とメチャクチャなサイズと単純な破壊テキスト。
まさにワルキューレ軸のラスボス。小林幸子。ノーマルのイラストもそれっぽい。
ブーストを得るのでクイックはわりと空気なのは仕方ないところか。
そもそもキャラから出てくることも多そうなのでさらにクイックが空気。
捻りがないテキストのせいで特に言うこともないんだがエース値が1なのはビックリ。


・マクロス・エリシオン
おそらくLLサイズの中でも屈指のサイズ小さい&国力軽いユニット。
装填2でブースト持ちは他のシリーズなら重宝しそう。
しかしマクロスのユニットは激励で勝手に起きるので装填の意味は薄い。
使われることはないだろう。


・レイナ
レイナとマキナが唯一軽いワルキューレなのでコイツら始動ということになる。
問題はカードが引けるマキナはいいんだが、最近の戦闘エリア投げつけクルセイドでは
レイナのテキストがかなり空気。3ターン目にコイツを展開してカナメに繋げて
場持ちを一気によくしないとワルキューレ軸はデッキとして厳しそう。
5人揃ってゴレンジャイするとかなり強いとは思うんだけどエースがそれでいっぱいってどうなんだ的な。
美雲引かないとなんもできない可能性すらある。


・美雲・ギンヌメール
というわけでワルキューレ軸はユニットの美雲を高速召喚するのがよさそうなので
コイツも入れておきたい。最大の弱点は名前が美雲・ギンヌメールなことだろうか。


・ミラージュ・ファリア・ジーナスA&B
なんかサイバスター乱舞の太刀っぽいテキストとゼノサキスさんちの娘さんのような
ラ・ギアス出身ですかと聞きたくなるテキスト持ちのキャラクター。ミラージュA。
同じ弾にノーマルの自分がいるというフルメタルパニックみたいなこともやっているうえに
メタパラまであるのでどれがどれだかまったくわからん。
弱くはないんだろうけどやってることが古臭すぎな気がしないでもないのがA。
Bはなんかこれまた根性持ってそうなテキスト。まぁアレと違って釣り上げるカードで
有用そうなのも特に見当たらないのでBは使われることはなさそう。

レビュー

サンクル最後の赤と紫。


・スターガオガイガー
とりあえず相手を2・2・2にしてしまうユニット。正直赤いカードならなんでもいいので
テキストはバリバリ使っていける。ただ本来なのと未解決の効果は消せないので
加速とかそのへんであっさりやられる。
基本的には一回弱くしたら武装変更で入れ替えるのが丸い。


・ジェネシックガオガイガー
スターガオガイガーもだが、強襲をどこに忘れてきたんだお前ら。
交戦するとすごい勢いでバウンスし始める。
なんもなくても名称ガイガーから出てくるので、投げつけガオガイガーなどからでも
比較的出しやすい。7国エース3は伊達じゃない感のあるユニット。


・ガオガイガー
最近流行りの投げつけ系男子。
今回は国力が発生する。武装変更に国力制限のあるカードを踏み倒してくるので
ガオガイガー以外の武装変更などでも悪用できる。エース値もガガガにしては控えめ。


・キングジェイダー
かなりテキストがイカレてるキングジェイダー。
手札を捨てるギミックと組み合わせて高速で出してもいいし、
しっかりプランを立てて運用してもサイズで押せるすごいやつ。
6国テキストのおかげで後半も腐らない。


・シルバー・クロウ
アクセルワールドはGは1ターンに1枚という概念を完全に無視してるんだなってのが
よくわかるユニット。本人もとんでもないが、名称がシルバー・クロウなのもまた強い。


・天海護
今回もなかなかやばいテキストの護君。
サンクルの中でもなかなか使いやすいカウンター。こっそり能力者なのが最高におもろい。


・仮想空間
しれっとすごいドロソ。何回でも使えちゃうぜー。
わりとデッキの潤滑油としては最高クラスのパフォーマンスなので
アクセル主軸なら即採用レベル。


・夏の始まり
どうなんだこれは。器用貧乏の貧乏具合がちょっと減った感じのカード。
基本的にはドローで使うんだろうなっていうのがね。
まぁ意図的にジャンクにカード送れるのと手札捨てた時にうんにゃら系が全部発動するので
そういったデッキで使うにはいいカードなんじゃないかなと思う。

サンクルレビュー

つーわけで黒。


・ニナ・ウォン
ノーマルが完全に天地魔闘の構えwwww
なかなかの生存性能。タイミングも常時なのでやられにくい。
でもなんかこういうテキスト与える系って青だったような気がしたんだが。
武装変更が2・5ということさえ見なければ悪くはない・・・うん。
せめて2・4にしてくりゃれ。


・ハルカ・アーミテージ
わりとイラスト好きだわ。なんつうか調整版タルカス。
最近こういうユニットがタルカスっぽいテキストになってるのなんなんだろうなw


・ミドリ
突如謎の特徴参照し始めたミドリさん。
大体3国か4国で出てくるはずだ。
キャラクターもパンプするのでサイボーグガイなどのサイズが面白いことになる。


・ラド
ミドリと並んでアスワドデッキの主軸。テキストがなかなかにイカレ。
ただアスワドの連中はエースあるせいでイマイチ爆発力に欠ける。
結局ガガガのカードを駆使しつつ戦うのがベター。


・アーダー・メイデン
地味に強いな。
エースもないし、装填も持ってるわりにテキストが凶悪。
回収するカードの種類は問わないのでコマンドを使いまわしたりできる。
今回のサンクルは地味で素直なカードが多いので動きがバグりにくい中、
一人だけなんか別のことやってるのでかなり曲者。


・エルスティン・ホー
マクロスだけを殺す機械かよ!
他のシリーズ相手はハナクソレベルに弱いので何枚採用するかが難しい。
デッキ次第だが、個人的にメイン1のサイド2みたいなのがよさげなカード。


・持て余す感情
青青黒黒と強烈な指定国力を要求してくるだけあって効果はなかなか。
基本的にはキャラ2枚破壊をメインに運用するカードだろう。
1ドローしながらキャラを割ると強そうな気がするが、
ただの4国のサディストなのであんまり強くない。気を付けよう。


・アンリミテッドバースト
むむむ!?
クルセイドに限らず、どのカードゲームでもあらゆるデッキが目指す究極の到達点が
「どんなデッキ相手でも毎回同じ動きをして、なおかつゲームにも勝つ」なので
そういった意味で完全サーチというものは条件があろうと一定の需要はある。
このカードの場合は特徴参照なものの拾える範囲が非常に広いので
上記のようなテンプレ行動にデッキを導きやすい。
コスプレカラオケ同様、強力なカードと言えよう。

サンクルレビュー

というわけでサンクルレビューの続き。


・グレートガンバルガー
正体不明がサポートされすぎててそろそろカードも充実してきたんだが、
いかんせんあまり好きになれないのはやっぱイラストあってのクルセイドだと
個人的に思っているからなのかもしれん。
このカードは相手も正体不明にしてしまうのでデッキをメタパラで彩っている相手に
与える精神的ダメージは計り知れない。正体不明はやっぱ射撃が2ってのがなぁ。
3・2・3といえばアッシマー(ブラン・ブルターク機)。思い出のカード。


・リボルガー(ファイターモード)
しれっととんでもないことを書いてるのがエルドラン。
ドローしながらユニットを5・4・5にしてしまう。流石に強い。
一応こいつ自体も正体不明にできる。


・ゼーガペインアルティール
なんか見た目よりも速攻で出てくるすごいヤツ。パンプ値も馬鹿にできない。
アンタッチャブルはチーム対象が多い昨今のクルセイドではなかなか厳しいが
早いターンに出てくるとなれば話は別だ。相手が準備する前に大打点を叩き込もう。
マグナムエースみたいなデッキと違って受けも強いのが個人的に好印象。


・アンチゼーガコアトリクエ
クルセイドの歴史を変えたと言っても過言ではないユニットが装いも新たに登場。
流石に書いてあることがやばい。ダメージはサクっと15点前後出てしまうだろう。
しかも本人リアニメイト能力まで持ってるので十分デッキの主軸として運用できる。
ようやくブレインレイド以降のサンクルの緑にも強みができたというべきか。


・アビス&シン
わりとスゴイこと書いてあるシリーズ。
ペインに限らずルール捻じ曲げ系は噛み合うとやばいしな。
自分はペインを有効活用しつつ、相手にはディスアドを押し付けていくってのは
同じキーワードでも意味合いが違う比較的見ないシステムだなぁ。


・ミサキ・シズノ
げぇ!?なんじゃこりゃ!
なかなかえげつない能力をお持ちで。回収は特徴も何も参照していないので
一度攻撃が通るとなんかもうとんでもないことが起こる。
間違いなくペインデッキを使う理由になるキャラ。クイックなのも強い。

プロフィール

ひーと 

Author:ひーと 
元気出そーぜ!!

通販サイト
http://www.cardland-kamata.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

フリーエリア

リンク