ひーとの日記
待たせたなボーイ!道が混んでてな!

カバネリ

カバネリレビューの続き。赤と紫。


・生駒&来栖
手札から切るとドローできるユニット。
シクと合わせてハンドをかなり充実させることができる。
ジャンクにあるとバウンスできるテキストもジャンクからなので避けにくい。 


・無名(4国)
相手のテキストを無効にするテキストとクイック戦闘配備がありがたい。
基本的にほかの無名に戦闘配備がなくテキストでぶん投げたりしないといけないので
こういった素直なユニットはせめてサイドには入れておきたい。
これか黒の4国無名のどっちかにするかはクイックかブーストか
悩ましいが赤い方が何かと使いやすいだろう。

・無名(6国)
赤のボス。黒と違って自分が交戦する必要がないがテキスト宣言型なので
今のクルセイドでは多少不安が残るが貴重なゲームからの取り除き要素。


・菖蒲(3国)
カウンターテキスト内蔵の菖蒲。
クイックもあるので超優秀な武装変更元と言える。
素でも1国はカウンターできるのもありがたい。


・菖蒲(4国)
カバネリ最強のカード。これがあるからデッキが成立するレベル。
とにかくこれを出すまでに除外を何枚稼げるかが勝負。


・菖蒲(お饅頭)
ドローはほとんどできないがカバネリ数少ない休息状態対策。
戦闘エリア飛び出しから配備逃げなど範囲が広い。
とりあえず入れておいて損はない。


・命の絆
流石に書いてあることがお化け。
これで生駒&来栖や甲鉄城を使い回して菖蒲シュートに繋げるのがベター。

カバネリレビュー

本当はサンクルレビューしようと思ってたんだけどあまりにもテキストがわけわからなすぎて
レビュー不可能という謎の事態に陥ったので全てを忘れてカバネリレビューする。
隔週クルセイドが復活するとレビューマジで追いつかない。泣きたい。
黒から。と言ってもカバネリは赤黒2色で組むのが
推薦されてると思うのであんまり色で考える意味は薄い。


・生駒(5国)
しかし、今度は生駒と無名が多すぎて泣く。
カードナンバーで言うのもアレなので色と国力で空気読んでくれ。
手札を一気に捨てられて武装変更コストが3と軽めな生駒。
カバネデッキにも入れられるあたり便利。


・無名&生駒
流石にテキストムチャクチャ系。強い。
エースもないのでコイツをポイポイ投げれるのがカバネリの強み。
山札削りはカバネデッキにも嬉しい。


・無名(1国)
軽くてドローできて武装変更元になると非常に使いやすい。
ジャンクから帰ってくる能力もあるので動きの起点になりやすい。


・無名(6国)
交戦したらだいたい2枚はぶっ壊せる。
カバネを使わないならフィニッシャーとして採用するしかなさそう。


・カバネ
黒いカバネはめっちゃチップが出る。
正体不明といい最近のクルセイドはこういうのが流行り。
しかし正体不明に比べるとやたら出るだけあって
準備時間が必要なうえスペックが貧弱。
文字通り戦いは数だよでいかないといけない。もちろんハマると
多分余裕で30体くらいはいけちゃうと思うのである意味新鮮。
全体オールダメージとかそういうのは勘弁な。


・蝶の跡
どう考えても無用&生駒か滅火をジャンクにポイ捨てする用のカード。


・鰍
カバネリで唯一安定したドローを供給してくれるキャラクター。
しかもなにかしらの特殊効果までつくってんだからお得。
こんな優秀なキャラクターがおっていいんか!!
・・・レアリティ見た。メタル。許された。


・美馬
カバネデッキのボス。クルセイドでも類を見ないほど派手なリクルーター。
その代わり条件がマジですっとろい。
赤い自分が国力軽減能力を持っているので武装変更で以外にササッと出てくる。


とにかく安定しなさそうなカバネリ。
とりあえず黒では鰍や無名、天に願うなどでカードを引きまししながら
無名&生駒でジャンクを肥やしていきたい。
カバネデッキは・・・ヴァイスリッターみたいな全体マイナス修正や1点オール系で
カバネ無双猛将伝される可能性もあるのでネタの域は出ないか。

マクロスレビュー

久しぶりの更新。月に2,3回の更新になりつつある。
あたいブログってオワコンだと思う。
オワコンって言葉がすでにってのはナイショな。


秋刀魚が美味い季節がやってきましたね。夏コミ→秋刀魚と梨→冬コミくらいの感覚。
つーわけでマクロスレビューやっていきまっしょい。青から。


・フレイア
セットカードにパンプテキスト+自身をちぎって破壊無効テキストを付与。
高機動+激励でプレイしたターンにアタックにいけるのはいい。
まぁエース1あるわりには地味だけどネ。


・美雲
実質4国7・0・7とメチャクチャなサイズと単純な破壊テキスト。
まさにワルキューレ軸のラスボス。小林幸子。ノーマルのイラストもそれっぽい。
ブーストを得るのでクイックはわりと空気なのは仕方ないところか。
そもそもキャラから出てくることも多そうなのでさらにクイックが空気。
捻りがないテキストのせいで特に言うこともないんだがエース値が1なのはビックリ。


・マクロス・エリシオン
おそらくLLサイズの中でも屈指のサイズ小さい&国力軽いユニット。
装填2でブースト持ちは他のシリーズなら重宝しそう。
しかしマクロスのユニットは激励で勝手に起きるので装填の意味は薄い。
使われることはないだろう。


・レイナ
レイナとマキナが唯一軽いワルキューレなのでコイツら始動ということになる。
問題はカードが引けるマキナはいいんだが、最近の戦闘エリア投げつけクルセイドでは
レイナのテキストがかなり空気。3ターン目にコイツを展開してカナメに繋げて
場持ちを一気によくしないとワルキューレ軸はデッキとして厳しそう。
5人揃ってゴレンジャイするとかなり強いとは思うんだけどエースがそれでいっぱいってどうなんだ的な。
美雲引かないとなんもできない可能性すらある。


・美雲・ギンヌメール
というわけでワルキューレ軸はユニットの美雲を高速召喚するのがよさそうなので
コイツも入れておきたい。最大の弱点は名前が美雲・ギンヌメールなことだろうか。


・ミラージュ・ファリア・ジーナスA&B
なんかサイバスター乱舞の太刀っぽいテキストとゼノサキスさんちの娘さんのような
ラ・ギアス出身ですかと聞きたくなるテキスト持ちのキャラクター。ミラージュA。
同じ弾にノーマルの自分がいるというフルメタルパニックみたいなこともやっているうえに
メタパラまであるのでどれがどれだかまったくわからん。
弱くはないんだろうけどやってることが古臭すぎな気がしないでもないのがA。
Bはなんかこれまた根性持ってそうなテキスト。まぁアレと違って釣り上げるカードで
有用そうなのも特に見当たらないのでBは使われることはなさそう。

レビュー

サンクル最後の赤と紫。


・スターガオガイガー
とりあえず相手を2・2・2にしてしまうユニット。正直赤いカードならなんでもいいので
テキストはバリバリ使っていける。ただ本来なのと未解決の効果は消せないので
加速とかそのへんであっさりやられる。
基本的には一回弱くしたら武装変更で入れ替えるのが丸い。


・ジェネシックガオガイガー
スターガオガイガーもだが、強襲をどこに忘れてきたんだお前ら。
交戦するとすごい勢いでバウンスし始める。
なんもなくても名称ガイガーから出てくるので、投げつけガオガイガーなどからでも
比較的出しやすい。7国エース3は伊達じゃない感のあるユニット。


・ガオガイガー
最近流行りの投げつけ系男子。
今回は国力が発生する。武装変更に国力制限のあるカードを踏み倒してくるので
ガオガイガー以外の武装変更などでも悪用できる。エース値もガガガにしては控えめ。


・キングジェイダー
かなりテキストがイカレてるキングジェイダー。
手札を捨てるギミックと組み合わせて高速で出してもいいし、
しっかりプランを立てて運用してもサイズで押せるすごいやつ。
6国テキストのおかげで後半も腐らない。


・シルバー・クロウ
アクセルワールドはGは1ターンに1枚という概念を完全に無視してるんだなってのが
よくわかるユニット。本人もとんでもないが、名称がシルバー・クロウなのもまた強い。


・天海護
今回もなかなかやばいテキストの護君。
サンクルの中でもなかなか使いやすいカウンター。こっそり能力者なのが最高におもろい。


・仮想空間
しれっとすごいドロソ。何回でも使えちゃうぜー。
わりとデッキの潤滑油としては最高クラスのパフォーマンスなので
アクセル主軸なら即採用レベル。


・夏の始まり
どうなんだこれは。器用貧乏の貧乏具合がちょっと減った感じのカード。
基本的にはドローで使うんだろうなっていうのがね。
まぁ意図的にジャンクにカード送れるのと手札捨てた時にうんにゃら系が全部発動するので
そういったデッキで使うにはいいカードなんじゃないかなと思う。

サンクルレビュー

というわけでサンクルレビューの続き。


・グレートガンバルガー
正体不明がサポートされすぎててそろそろカードも充実してきたんだが、
いかんせんあまり好きになれないのはやっぱイラストあってのクルセイドだと
個人的に思っているからなのかもしれん。
このカードは相手も正体不明にしてしまうのでデッキをメタパラで彩っている相手に
与える精神的ダメージは計り知れない。正体不明はやっぱ射撃が2ってのがなぁ。
3・2・3といえばアッシマー(ブラン・ブルターク機)。思い出のカード。


・リボルガー(ファイターモード)
しれっととんでもないことを書いてるのがエルドラン。
ドローしながらユニットを5・4・5にしてしまう。流石に強い。
一応こいつ自体も正体不明にできる。


・ゼーガペインアルティール
なんか見た目よりも速攻で出てくるすごいヤツ。パンプ値も馬鹿にできない。
アンタッチャブルはチーム対象が多い昨今のクルセイドではなかなか厳しいが
早いターンに出てくるとなれば話は別だ。相手が準備する前に大打点を叩き込もう。
マグナムエースみたいなデッキと違って受けも強いのが個人的に好印象。


・アンチゼーガコアトリクエ
クルセイドの歴史を変えたと言っても過言ではないユニットが装いも新たに登場。
流石に書いてあることがやばい。ダメージはサクっと15点前後出てしまうだろう。
しかも本人リアニメイト能力まで持ってるので十分デッキの主軸として運用できる。
ようやくブレインレイド以降のサンクルの緑にも強みができたというべきか。


・アビス&シン
わりとスゴイこと書いてあるシリーズ。
ペインに限らずルール捻じ曲げ系は噛み合うとやばいしな。
自分はペインを有効活用しつつ、相手にはディスアドを押し付けていくってのは
同じキーワードでも意味合いが違う比較的見ないシステムだなぁ。


・ミサキ・シズノ
げぇ!?なんじゃこりゃ!
なかなかえげつない能力をお持ちで。回収は特徴も何も参照していないので
一度攻撃が通るとなんかもうとんでもないことが起こる。
間違いなくペインデッキを使う理由になるキャラ。クイックなのも強い。

プロフィール

ひーと 

Author:ひーと 
「おれはもう、マジックはしない!!デュエルなんかまっぴらだ!!」

通販サイト
http://www.cardland-kamata.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

フリーエリア

リンク