2%の確率で更新されるひーとの日記
2パーくらいで更新されます

FF全カードレビュー:火

まずは火属性からやっていこうと思います。
属性ごとでも一気に全部はさすがに無理なので半分くらいかな。


・バハムート
カスレア扱いされてますがそんなことはなく、
1枚で戦況をひっくり返すカードパワーを持っています。
「こんな重いカードプレイできるの?」って人はよくいますが
できるできないじゃない。プレイするんだ。そういうカード。
当然ながらバックアップの支援が必須になります。
5枚あれば手札2枚でぶっぱなせますがそこまで話はおいしくないので
だいたい3枚の状態でガン待ちして手札3枚をコストにして戦況に穴空ける用。
重すぎだったり相手が5コス出してこないようならコストにしてしまいませう。
ファングとシナジーはあるが多分ファングない方がデッキは強くなりそう。


・アーロン(6コスト)
現状では火属性のバックアップに重いコストのカードがないので
コスト踏み倒してもあまりおいしくないカード。


・アーロン(5コスト)
バックアップがやられなくなる…のはいいんだが
火属性のバックアップは比較的軽いのであまりありがたみがない。
テキストで守りたいほどの強力なコストのバックアップを使うとこいつと合わせて
9~10コストかかってしまう。
ただ素の状態で火属性最高サイズは伊達じゃないので大型入れたいけど
ジェクトを採用すると枚数がカッツカツって状態なら1枚入れておくとオシャレかも。


・ジェクト
とにかくでかい。相手が多ければ多いほど強くなる。
反面相手が少ないと4コス8000連中と相打ちになってしまう。
基本的にはアタッカーよりもブロッカーだろう。
ジェクトシュートがとにかく強力。
アレキサンダー以外のカードで倒そうとすると
ジェクトシュートされるだけで多大なアド損をしてしまう可能性もある。
相手のSRティーダよりサイズが必ず2000
上回ると覚えておくと出された時に運用しやすい。


・フリオニール
2コスト4000キラー。
相手が先手でオニオンナイトやティファを展開してきた返しに刺さると
一気に場が傾く。他にもイフリートと合わせたり
雷のオニオンと併用するなど使い方もさまざま。
シンプルゆえに強い良カード。


・レッドXⅢ(3コスト)
火属性の尖兵。3コストの基準値を満たしている上に
場に出たターン自軍のフォワードをパンプ。
コストが上の奴がいても構わず攻勢に出れるのが強み。
導師と合わせたりすると思わぬタイミングで自軍フォワードをパンプできる。
マルチプルのコスモメモリーはコストが重いが使えれば必殺の威力。
ブロック後に使えばパワー13000まで倒せる。
対象を指定していないのでジタンもこんがりいけるのも強い。


・レッドXⅢ(2コスト)
ジタンなどの2コストキラー。
同コストで素でこいつに勝てるカードはかなり少ない。
ちょっと後押しすれば4コストくらいなら一方取れるのもいい。
ただ先制あっても所詮はパワー4000。
ラムウやイフリート、ルールーなどであっさり死ぬ。
1,2枚積んでコスモメモリーの弾丸が基本だろう。
相手が早いデッキだった時にはガッチリ。


・サッズ
火属性のバックアップのなかではかなり強い方。
相手のスノウやユフィなどの邪魔臭い連中を射殺してくれる。
ただ他の火力同様、マリアやジルなどで腐りやすい。
相手のデッキによっては出さなくてもいいくらいの位置で採用するといい。
バックアップ起こし系カードとの相性がいいので
火風で組む場合は採用すると面白い動きをする。


・ティファ(4コス)
サイズも基準値を満たしている優秀なフォワード。
特技の水面蹴りはマルチプルの中でもトップクラスの使いやすさ。
2CPで使用できるのがその理由。
火属性のカード1枚とティファで使える。
ダル状態にした上に6000と3コストのシステム系フォワードなら一撃だ。
もちろんフリオニールなどと合わせてもいい。
別コストの自分の性能も高いのでデッキによっては2積みでも可。


・ティファ(2コスト)
すげー強い。火属性の根幹と言える。
ただし先手で調子乗ってオニオンといっしょに展開すると
EXバーストやシド・レインズ、フリオニールでシャクられて
グッドゲームになりかねない。
4コストの種になることも考えて計画的に運用したい。


・ティファ(3コスト)
プロモーションカード。天野絵なのでぶっちゃけかわいくない。
天野絵自体は好きだけどね。
んで相手のフォワードを倒すともっかい殴れるよってカード。
まずこいつをブロックして死ぬようなサイズしかいない時はスルーする。
そして他のフォワードがいる時はそいつをブロックする。
つまり非常に使いにくい。
水面蹴りやめらんないんだけどwwwwって人以外は
現状では特に手に入れる必要はなさそうなカード。


・ドッジ
サッズ主力のデッキなら入れてもいいかもなー程度。
クラウド以外の特定のカードとシナジーあるカードは基本イマイチ。


・ひなチョコボ
サッズや赤魔道士を起こす用。
火で1コストのバックアップを入れるなら基本これだろう。


・ファング
バハムートが軽くなるのはいいんだが本人のスペックが3コストなみ。
先制攻撃を素で持っていれば評価のしようもあったのだが
出した返しにブリュンヒルデなど各種除去でコンガリされやすい。
7000と8000の差を理解するためのツールとしては
最も適していると思うがwwww
ユウナとファングでバハムートをプレイしまくっちゃうぜデッキでしか使えないかも。


・ブリュンヒルデ
火属性の代表格その1。
魔剣士とティナ以外の3コストは大抵全員処理れるのが強み。
EXバーストとしてめくれた時も場を傾けやすい。
火属性のプレイングとして重要なことはダメージ通りそうな時は
「相手の中でパワー高い奴から殴ってきたらブロック、それ以外はスルー」。
それは一重にこれとイフリートがめくれる可能性があるからだ。
EXバーストを前提にしてはいけないがそれで有利にできるなら
場が負けない程度に期待するのは何も悪くはない。


・レブロ
地味。地味だが4000が5000になると途端に焼きにくくなるので
アタック宣言前に相手を行動させやすい。
実際パンプする場面はあまりないが、見せておくだけで
こちらのプランが立てやすくなるのはいい。
固有キャラなので2枚出せないのが本当に辛い。
このへんはブロック時とアタック時の違いとは言え、土の空手家が羨ましくなる。



今回はここまで。次回は残りの火と光属性をレビューしまーす。

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ひーと 

Author:ひーと 
「おれはもう、マジックはしない!!デュエルなんかまっぴらだ!!」

通販サイト
http://www.cardland-kamata.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

フリーエリア

リンク