2%の確率で更新されるひーとの日記
2パーくらいで更新されます

FF全カードレビュー:土

というわけで土属性。土は低コストのパワーが高いのが特徴。


・シャントット
全体リセット。6コストとかなり重いものの場に出たら
全属性のCPが出るので2色よりは3色以降での運用が強力。
フォワードのリュックで手札に回収→もう一度シャントットの
ヨーヨーが強い。デッキデスやアルティミシアコンなどでは有効な手段。
相手が場に展開するのを待つよりも2枚くらいフォワードがいたら
とっとと流しちゃった方が強かったりする。


・ヴィンセント(5コスト)
土の5コスト最大サイズ。土のわりに攻めるカード。
パーティが組めないというのはあまりデメリットにならない。
9000で先制なのでフォワードとしての単純なパワーは
恐らく全属性でもトップクラスだろう。
トリックショットも他の属性と組み合わせていけばなかなかに使える。
バックアップの風水士でブレイブを与えたいところ。


・ヴィンセント(3コスト)
3コスト7000で基準値を満たしているうえに先制持ちなので
5コスト同様、土に似合わないアタッカー。
火などと組み合わせて先制を活かしていきたい。


・ガイ
土を代表するアタッカー。寝ない。
ブレイブ持ちなうえにダルにならないので氷や雷にはめんどくさがられる。
オーディンの対象として真っ先にやられる。
土ならば絶対に入れておきたい優秀なカードと言える。


・ガブラス
本気出すと手がつけられないジャッジマスター。
フルパワーになったガブラスを倒せるフォワードはなかなかいない。
3色コンから素直な2色までさまざまの土のデッキの守護神として活躍している。


・ケフカ
これも土を代表するカード。2コストで相手の5コスを持っていったりする。
バックアップ破壊のない色はかなり苦戦を強いられるだろう。
皇帝やヴァニラなどとも相性がいいので色んなデッキで使える。


・ヴァニラ
倒されても復活するフォワード。4コストで7000しかないのが弱い。
ヘカトンケイルが優秀なのでついついデッキに入れてしまうが
本気で運用するなら1枚か2枚くらいにとどめておくべきだろう。


・キマリ(フォワード)
4コストで8000と基準は満たしている。
「てきのわざ」だが相手のフォワードが強いと実はそれなりに使える。
最大の問題はこいつの片割れがバックアップなこと。
フォワードとバックアップにマルチプルが別れていると
実際かなり使いにくい。
フォワードならテキトーに除去られたあとに追加すればいいし
片割れを引いてもマルチプルにしやすいからだ。
対してキマリはバックアップを先に出しているとフォワードが出せない。
フォワードを引かない事故が頻発するのだ。
採用する場合は枚数に最新の注意を払って運用したい。


・キマリ(バックアップ)
こちらはフォワードに比べると3色とかでも使えるので
フォワードを使おうと思わなければかなり優秀。
特に雷や風は流行なのですぐに相手の色を発生できるので
3色でオーディンなんかをプレイしたい時にはシャントットと合わせて
色事故をカバーしていきたい。



・タイタン
こちらのでかいフォワードをブレイクされないようにする。
それほど弱くはないのだがダルにするという条件が弱すぎて
イマイチ使いにくい。除去が飛んでくるタイミングにも原因はあるのだが。
ブレイブ持ちと合わせて運用すると多少マシになる。


・ディリータ(4コスト)
シャントットやシーモアなど場に出た時に仕事が完了している
バックアップを処理して2枚目などの枠の確保が主な仕事。
もちろん本人4コストで9000という実はぶっ壊れサイズ。
2コストの本人が超優秀なので枚数はそれほど入れることはできないが
マルチプルも搭載しているのでカードとしてのパワーは高い。


・ディリータ(2コスト)
これぞ土属性。ブロック時に2コストで3コストアタッカーくらいのパワーを持っている。
ユフィやヘイスト竜騎士、ジタン+マリアもカバーできる。
ゴーレムを併用すれば9000のフォワードも一方的に処理れるという優秀なカード。
とりあえず土を使うなら絶対に入れておきたい。


・バレット(3コスト)
土の代表的なアタッカー。3コスト7000と基準値は持っていて
マルチプルの性能も自分を寝かせる必要がないので即使えるのが強み。
パワー11000、相手に4000ダメージなので
早いデッキにとってはかなり処理が大変なフォワードと言える。
ブリュンヒルデをプレイする時は特に考えよう。
こちらのティファが焼かれたあげく相手は生き残りましたとか笑えない。


・バレット(2コスト)
こちらは2コストで5000と基準よりも高いパワーを持っている上に
マルチプルで相手全員に2000ダメージと地味ながら使えるテキスト。
3コストが強すぎるので3コストの弾というのが主な仕事と言える。


・ヘカトンケイル
バックアップ破壊。バックアップ破壊はかなり強いので
これを主軸にしたデッキを作ってもいいと思う。
↑にも書いたがヴァニラとの枚数はよく考えること。


・ムスタディオ
足をねらう。バン。
EXでめくれてもいいし普通に出しても強い。
シャントットもいるのでそれほど枚数は入らないが
モンク以外まともなバックアップの少ない土の
バックアップとしては優秀な部類だろう。


・暗黒騎士
後半やたら強くなる小型フォワード。
最大で2コスト8000は脅威。ただ開幕に出すにはあまりにも弱い。
土の低コストフォワードは優秀だがそれに入りこむくらいの余地はあると思う。
ゴルベーザデッキなどではかなり重宝するだろう。


・陰陽士
4コスのディリータ同様バックアップ処理が仕事。
ただ能力を使っても1回では2コスト6000と目覚しい強さではない。
2回だと9000になるが…。
もちろんバックアップ処理の仕事は悪くはないので
ディリータはオーディンされると寒いと思ってしまう人は採用するのもいいかも。


・空手家(フォワード)
一般兵最大サイズであるパワー8000を誇るフォワード。
土絡みでウォーリアオブライトを使うなら採用したい。
土のウォーリアオブライトデッキはタイタンなども絡められるので
決して弱くはないと思う。


・空手家(バックアップ)
フォワードに比べるとなんとも地味。
一般兵なので枚数がかぶるということはないのはいいが能動的に使えない。
ちらつかせておくだけで効果はあるが1コストかかるので
ケフカに比べると強さを実感しにくいカードと言える。
なにより同属性、同コストにモンクがいるのがマイナス。
土の苦手なセシル対策枠で入れておく…というなら採用できるかもしれない。


・ゴーレム
土属性の代表的なカード。1コストの割りにできる仕事が広い。
焼きから避けたり、相手の大型を討ち取ったり。
土を使うならぜひ入れたいカードだろう。
ただし光属性のセシルがいるとセシルを対象にしないといけないので
それだけは注意。
プロモのセフィロスや他の属性の除去でカバーしていこう。


・幻術師
1コストバックアップバニラシリーズ。
土には他に1コストバックアップがいないのでバックアップ重視デッキなら
必ず採用されることになるだろうバックアップと言える。


・風水師
ブレイブをつけられるバックアップ。
他のバックアップからするとフォワードがいないとうまみがないので
ちょっと使いにくい場面があるかもしれないが
逆に大型のフォワードを着地させたあとならば強い。


・モンク(フォワード)
バレット、ディリータなどの優秀な低コストフォワードがいるので通常は
使えないカードだが一般兵なのでウォーリアオブライトデッキならば
7000先制というなかなかの基礎値になってくれる。
デッキに入れるには工夫が必要なカード。


・モンク(バックアップ)
土の代表的なバックアップ。空手家と違いいつでも使えるので
除去に合わせてパンプできるのが特徴。
+幅も2000と大きいので低~中コストで高コストを討ち取れる。
土なら3枚入れても問題ないだろう。



次回は雷属性。

コメント

水雷アルティミシアのレシピ載せてください><
[2011/04/02 08:44] URL | 名無し #- [ 編集 ]
大会で使ってから微調整するのでそしたらのっけまーす。
[2011/04/02 11:54] URL | ひーと #- [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ひーと 

Author:ひーと 
「おれはもう、マジックはしない!!デュエルなんかまっぴらだ!!」

通販サイト
http://www.cardland-kamata.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

フリーエリア

リンク