2%の確率で更新されるひーとの日記
2パーくらいで更新されます

FF全カードレビュー:水

いよいよ最後の水属性となりました。
それではいってみよう。


・ティーダ(SR)
水になかなかないパワー9000以上が見れるファッティ。
個人的にゴルベーザに入ってるこれはかなり強いと思う。
スペシャルを使っていくならお膳立てが必要。
ロマンだけはあるので上手く使っていきたい。


・ティーダ(アンコモン)
SRに比べるとなんとも地味。
一応4コストで8000で計算できるものの
殴るまでは7000でブリュンヒルデで一撃で落ちる。
こいつに限らず水のフォワードは
「ワッカいるから1000低くてもいいよね」的なカードが多すぎ。
全力でSRのスペシャルを使うデッキに1枚挿すのは面白いかも。


・ティーダ(2コスト)
ゴルベーザからよく湧いている。
個人的には横をピチュンされるとサイズが戻るのが不安すぎて使えない。
ウォーリアオブライトと同様の問題を抱えていると言える。


・アルティミシア
水の最大パワー9000を誇る魔女。
有利な時に着地するとすごく有利になる。
不利な時に出すとものすごく不利になる。そんなカード。
スペシャルアビリティはゲームを決めるほどの威力がある。
2弾は魔女押しっぽいのでそれでお呼びがかかるかも。


・ミンウ
火属性にやたら強くなるバックアップ。
ダメージを完全にシャットアウトするので
水のデッキでは採用されているのをよく見るが
同じくらい弓使いに射殺されているのも見かけるので悩みどころ。
弾避けのヤーグ・ロッシュだけではユウナを守れそうにないなら
1枚くらい挿しておくとデッキによっては役に立つかも・・・程度の能力。


・ユウナ(5コスト)
ゴルベーザと風水士いじめのカード。
これからブレイクされたらうんぬんなカードが出れば使われるかもだが
現状では枚数少なすぎなのと2コストのユウナ強すぎワロタなので
どうにもこうにも使われない。


・ユウナ(2コスト)
あまりにも強いバックアップ。
2コスト=手札1枚でオーディンやヘカトンが飛んでくるので
アクション回数がぐっと上がる。
水絡みと対戦する際にはヤーグなどをかいくぐってなんとか破壊したい。


・レイラ
3コストにしてパワー4000と貧弱さが神レベル。
パンチが通れば1ドローと破格の性能なのだが
いかんせん本人のパワーが2コストなみなので簡単に除去られる。
出す手間を考えるとあまり使い勝手はよくない。
ただテキストはバカみたいに強いので
これから化ける可能性は十分あるカードと言える。


・アグリアス
無双稲妻突きを放つのは無理そうなパワーの低さ。
オヴェリアサーチがあるのでキャントリップがついてるようなものとはいえ
5コストは出すまでの手間がなかなかかかる。
オヴェリアにワッカ出してようやくといったところ。
これから騎士が増えればまだ使い方も増えるかもしれないが…。


・オヴェリア
アグリアスでサーチできる…が
前述の通りアグリアスのスペックがカスってる。
ただ「騎士」はラムザやガーランドなど優秀なカードがいるのが救い。
2コストのバックアップなのでオヴェリア自体は腐りにくい。


・モーグリ
EXでめくれないとアドバンテージは取れないドローカード。
2ドロー1ディスカードは手札枚数は当然増えないのであまり強くない。
引いてしまった皇帝などの処理に使えるくらいか。


・ヤーグ・ロッシュ
優秀なバックアップを身を挺して守ってくれるバックアップ。
弓使いやセフィロス、ヘカトンケイルでカチ割られながらも
今日もユウナやカオスをバックアップ破壊から守ってくれている。


・リヴァイアサン
通常の除去に比べると使い方が特殊な1枚。
このゲームは手札に戻ったフォワードはコストとして使えてしまうので
「なんかリヴァイアサンで戻してくれたんだけどwww
ラッキーwwwセフィロス出しますねー^^」とかならないように注意。
光や闇属性などの手札に戻ってもコストにできないカードにはすこぶる強い。


・ワッカ(バックアップ)
水のフォワードのパワーを1000上げる。
書いてあることは強いのだが弓使いで射殺されやすい。
こいつのせいかは謎だが、水のフォワードのパワーは元々やたら低いのもマイナス。
フォワードに比べるとこれからに期待できる1枚ではある。


・ワッカ(フォワード)
水属性の数少ない「基準値のパワーを持つフォワード」。
テキストはあまり意味がないのでほぼバニラ。
名前も「ワッカ」と基準値ある自分のパワーを
バックアップの自分で活かせないのが最大の問題。


・アルマ
モーグリっぽい動きができるマーフォークルーター。
3コストのバックアップは使いにくいのがよくわかる1枚とも言える。
テキストを使うにはそれなりのサポートが必要。
モーグリ同様、皇帝の処理に使うのが一般的だろう。


・学者
使い方がイマイチわかりにくく難しい1枚。
フォワードを回収して一時的にコストに当てることはできるが
それにしても学者がいなくなっているので1コストしか得をしない。
相手の除去を避けるために使うにしても
学者をアクティブにしておかないといけない上に出すのにまたコストがかかる。
採用する理由が現状ではあまり見つからないバックアップ。
これから同名カードが増えていって
「こっちの方が今は出したいかなー」って時かな?
いずれにせよ回りくどいか。


・幻術師
水の1コストバックアップ…なのだが他の属性に比べると
水は2コストのバックアップが優秀なのであまり使い勝手がよくない。
アクセントで1枚くらい入れる分にはいいかもしれないが。


・白魔道師
自分のフォワードをアクティブにすることができる。
アルティミシアなんかを運用する時にはなかなかいいカード。
皇帝なんかとも相性がいいのでフェアリー以外に
アクティブになるカードを入れたい人は採用してもいいだろう。


・ナイト(2コスト)
なんと水属性はワッカとこいつが基準値を満たすフォワード。
テキストはパーティアタックのダメージ肩代わり。
パーティアタックは先制や除去に極端に弱いので
2コストのフォワードを使ってやることではないだろう。


・ナイト(1コスト)
2コストのナイトに比べると1コストで運用できるので
フォワードと言うよりもゴーレムに近い感覚。
将来的には使い勝手がよくなると思うので2コストよりもこれからに期待できる。
1コストのフォワードの研究が待たれる。


・バイキング
水属性最強フォワード疑惑。パワー1000しかないが
キャントリップのおかげでアドバンテージをそれほど失わない。
これを序盤に並べられると相手はうまく動けない。
パワー1000とはいえバカにできないのだ。


・風水士(フォワード)
3コストパワー6000と程よいスペックでジタンを押さえられるのが魅力。
除去られても1ドローがついているので相手とアドバンテージに差がつきやすい。
バイキングと並んで水属性の主軸フォワードと言える。
逆に言うと2コスト1000や3コスト6000が主軸ってどういうこっちゃ。


・風水士(バックアップ)
EXバーストの発動や不要カードを下に送ったりと
2コストバックアップのわりには使い方が広いナイスバックアップ。
水のバックアップの優秀さはユウナとこいつに支えられていると言えよう。
スロットや2弾のギルガメッシュなどもあるのでこれからも使われそうだ。


・フェアリー
ゴルベーザや皇帝がいきなり起きてくる召喚獣。
ユウナでちょうど1コストになるのが便利。
4コストのシヴァにも強いので大型フォワードと組み合わせて
相手のフォワードをうまく倒していきたい。


・ものまね士
ゴルベーザでよく湧いてくる。
どの属性ともパーティを組めるのが特徴。闇や光とでもOK。
暗黒騎士や侍のフルパワーあたりと組むと軽く1万オーバーになる。
反面除去に弱いので運用する時は相手の手札や場をよく見ておこう。


・ヴァン(プロモ)
なんかでっかいバイキング。
パーティアタックする意味があまりなさそうなので
1ドローとオーディン、シーモアされないのを活かせば
まだなんとか使えるかもしれない。



2弾発売前になんとかレビューできました。よかったよかった。

コメント

もちろん2弾のレビューもしますよね?
[2011/04/27 07:00] URL | 名無し #- [ 編集 ]
(`・ω・´)頑張ります
[2011/04/27 09:29] URL | ひーと #- [ 編集 ]
プロモのセシルとオブライトさんが抜けてるやも?
[2011/04/27 12:31] URL | gi #- [ 編集 ]
おうふ。忘れてた。
・セシル
3コスト8000のスーパースペックですが
相手が上手いと全パンですぐ死にます。
火雷速攻など相手に対処する時間を与えないデッキなんかでは活躍できるので
オニオンナイト以外にヘイスト増えれば使われると思います。

・オブライトさん
セフィロスの反対で闇破壊。
闇属性はゴルベーザ、皇帝はぶっ壊しても美味しくないのがマイナス。
現状ではガーランド相手以外はイマイチだろう。
これから闇に強力なカードが出れば使われるかも。
[2011/04/27 12:43] URL | ひーと #- [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

ひーと 

Author:ひーと 
「おれはもう、マジックはしない!!デュエルなんかまっぴらだ!!」

通販サイト
http://www.cardland-kamata.com/

最新記事

最新コメント

カテゴリ

FC2カウンター

フリーエリア

リンク